バルトレックスのヘルペス再発予防効果

バルトレックスは、抗ウイルス化学療法薬塩酸バラシクロビルを主成分とする単純疱疹と帯状疱疹の治療に用いられる抗ヘルペスウイルス薬であり、2006年に性器ヘルペスの再発抑制効果が厚生労働省に追加承認されています。性器ヘルペスの再発抑制の為のバルトレックスの服用は、再発頻度が年6回以上の患者に対して1日1回500mgを7日間投与しますが、1年以上の投与も可能です。バルトレックスの抗ウイルス化学療法薬バラシクロビルは、チミジンキナーゼの作用により加水分解されアシクロビルに変化します。デオキシグアノシンと構造が似ているアシクロビルは、りん酸化され感染細胞内に取り込まれDNAポリメラーゼの働きを阻害し、ウイルスの増殖を抑制します。
性器ヘルペスは、主に性行為により感染する性行為感染症です。男性の場合は、2日~10日間の潜伏期を経て発症し、軽いかゆみが次第に強い痛みが増し亀頭や陰茎、陰嚢部、肛門周囲に腫脹や小水疱が破れてびらんを形成します。又、病状が悪化すると排尿痛や排尿困難などの症状があらわれ、項部硬直や無菌性髄膜炎、ウイルス血症を生じ全身感染を起こすケースもあります。女性の場合は、2日~21日の潜伏期間を経て発症し性器皮膚粘膜より知覚神経を伝って仙髄神経節に潜伏感染し、宿主の免疫力の低下した時などに活性化され再び神経を伝って大陰唇や小陰唇、会陰部に水疱性や潰瘍性の病変形成します。又、患者の多くに鼠径リンパ節の腫脹と痛みがあらわれ、発熱や頭痛、倦怠感などの全身症状を伴うケースがあり、首筋の硬直や羞明感、尿閉や便秘などの性器以外の部位に症状が発症するケースもあります。性器ヘルペスは、心身の疲労や月経などによるホルモンバランスの乱れが原因で発症するケースもあります

バルトレックス錠の適正使用

口唇ヘルペスや性器ヘルペスに効果的な薬として知られるバルトレックス。副作用も少なく、用量を減らしたものが子どもの水ぼうそうの治療に用いられるほど安全性の高い薬でもあります。ただいくら安全性が確保された薬でも、指示された用法や用量を守らなければ思わぬ結果を招く可能性は否定できません。バルトレックスを利用する場合も、必ず適正な方法で服用するように心がけましょう。一般的にバルトレックスは1日2回、1錠ずつ服用します。薬の効果は血液中にその成分が一定濃度含まれている状態が続くことを前提としていますので、1日2回服用することが必要なバルトレックスの場合は、12時間おきに必ず服用することが基本となります。たとえば朝8時に1錠服用した場合は、夜の8時に2回目の服用をおこなうというように、あらかじめ薬を飲む時間を決めておくと効果的です。もし飲み忘れてしまった場合でも、まとめて2錠飲んでしまうというのは厳禁です。あくまでも服用するのは1回につき1錠です。
またどの薬を服用する場合でも同じですが、バルトレックスを服用する場合もアルコールの摂取は控えるようにしましょう。体質にも左右されますが、基本的に薬とアルコールの併用は危険です。思わぬ副作用を招くリスクが高いので、症状が治まってバルトレックスを服用しなくていい状態になるまでは、お酒を飲むのはやめておいたほうが無難です。なお、バルトレックスはヘルペスの症状が現れた初期の段階で服用をはじめるのが大前提です。ヘルペスに効果的なバルトレックスといえども、ウイルスを死滅させる力があるわけではありません。この薬はウイルスの増殖を抑えることを目的としていますので、ウイルスが増えてからでは意味がないのです。皮膚がヒリヒリしたり、ポツポツと腫れものができるなどの症状が現れたら、すぐに薬を服用することが重要です。

バルトレックスの服用期間と完治まで日数

ヘルペスの治療に用いられるバルトレックス。ヘルペスの原因となるウイルスの増殖を抑える力が強いことから、ヘルペス治療の代表的な薬として多くの医療機関でも使用されています。医療機関でこのバルトレックスを処方してもらう場合、おおむね5日分の薬が出されるのが一般的です。人によっては2、3日服用を続ければ症状が治まることがあるのですが、じつは症状が治まったからといってバルトレックスの服用をやめるのは厳禁です。少なくとも処方された日数分は必ず服用し続けなければいけません。バルトレックスはウイルスの増殖を抑える薬です。勘違いしている人もいるかもしれませんが、この薬でヘルペスウイルスを死滅させることはできません。ヘルペスウイルスに一度感染してしまえば、現代の医学をもってしてもウイルスを体から一掃することは不可能なのです。症状が治まったと感じるのは一時的にウイルスの増殖が抑えられたからで、途中で服用をやめてしまうと再び増殖をはじめる可能性があります。ですから医師の指示をしっかり守って、処方された薬はすべて服用するように心がけることが非常に重要なのです。またバルトレックスの力を有効に活かすためには、なにより早期に服用をはじめることが肝心です。上記に挙げたように、バルトレックスはウイルスの増殖を抑えるだけで、ウイルスそのものを死滅させるものではありません。したがってウイルスが爆発的に増えてしまった状態でバルトレックスを服用しても、その力を最大限に活かすことはできないのです。ヘルペスの疑いがある症状が現れたら、すぐに医療機関を受診するなどしてバルトレックスを手に入れましょう。早期に服用をはじめれば重症化を防ぐことができます。
■バルトレックスについてはこのサイトがわかりやすいです
バルトレックス:バラシクロビル│通販でヘルペス・帯状疱疹を治療
■薬を個人輸入するならこちら
薬 個人輸入
■早めの検査で命が救えます
HIVの検査は不安になったら早めに!

ページの先頭へ戻る